海岸を離れ、より高い場所へ逃げる。

Pocket

津波から逃げるときは、海岸から「より遠く」ではなく、「より高い」場所(高台など)を目指して避難しましょう。

また、津波の来襲が早く、高台などへの避難が間に合わないようなときは、できるだけ高くて頑丈な建物の上の階(3階以上)に逃げるようにして下さい。

管理人の一言
1メートルの津波でも、木造家屋が半壊するほどの破壊力を持っている場合があります。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »