住居の安全対策は最重要

Pocket

警察白書平成7年版によれば、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災では、家屋の被害が全半壊合わせて約21万棟もあり、5,502人の死者のうち約9割が家屋や家具の倒壊によるものだったという。

これだけ見ても、住居の安全対策がいかに大切が分かるでしょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »