震度6強の地震が起こったら

Pocket

震度6強の地震が起こると、屋内では、立っていられず、這わないと動けない。固定していない家具のほとんどが倒れる。広い範囲でガス・水道が止まることがある。
屋外では、多くの建物で窓やタイルが落下する。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。耐震性の低い木造住宅は倒壊するものが多く、耐震性の高い住宅でもかなりの壁や柱などが壊れる。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »