1923年 関東大震災

Pocket

1923年(大正12年)9月1日

マグニチュード7.9

関東地方南部を襲った大地震。お昼時だったため、東京や横浜では大火事が起こり、東京で7割、横浜で6割が消失したという。

死者/不明者14万2800人(東京10万7500人、神奈川3万3000人、他県2300人)、家屋全半壊25万4000戸余、焼失44万7000戸余。

被害総額は当時の国家予算の1年4カ月分に達すると言われている。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »