非常持ち出し品

非常持ち出し品は家族構成を考えて、最低限度のものを用意して、アウトドア用のリュックなどに入れておきましょう。 寝袋、毛布、下着類、タオル、ティッシュ、手袋、ヘルメット・防災ずきん、懐中電灯、予備用電池、飲料水、最低3日分 …

救急医薬品

大地震が発生した場合、ケガをしても病院でただちに治療を受けることは、平時に比べて困難になります。いざという時に備え、家庭で救急薬品などの準備もしておきましょう。 また、災害後は食事も栄養のあるものを十分に取れない可能性が …

懐中電灯

停電になってしまうと、室内でも夜は何も見えなくなってしまい、床に落ちた落下物などでケガをしやすくなります。懐中電灯は、家族の人数分用意しておきましょう。 明るさ、頑丈さを考えると、ジェット戦闘機と同じ堅牢なアルミ合金でで …

ラジオ

大地震後に停電になれば、テレビは映らないし家の固定電話は通じなくなります。そこで、役に立つ情報源となるのが電池で動く小型ラジオです。 どこを通れば安全か、どこに避難したら良いかなど、デマなどに惑わされないよう、少しでも正 …

食料・非常食

非常食といえば「乾パン」というイメージがあるかもしれませんが、現代では、乾パンよりも栄養があって、保存期間も長く、しかもおいしいという保存食がたくさんありますので、地震災害に備えて、購入しておくとよいでしょう。 車の運転 …

飲料水

人間は水がないと3〜5日ほどしか生きられないが、水さえあれば3週間ぐらいは食べ物なしでも生きられると言われています。 飲み水、調理用といった生命維持のための水は、1人1日に3リットルとされています。家族の人数×3日分は最 …

床が畳やじゅうたんの場合は、揺れによる浮き沈みがあり、突っ張り棒などの効果が薄くなってしまうので、家具の下に合板を敷いて沈み込むのを防ぎましょう。 また、床と家具の間に耐震ゲルマットを置くなどして対策を練りましょう。 管 …

窓ガラス

大地震が発生し窓ガラスが割れると、床はガラスだらけになり、靴を履かないと歩けなくなり、避難するのに支障を来してしまいます。すべての窓ガラスには、ガラス飛散防止フィルムを貼るようにしましょう。 また、夜間は窓のカーテンを引 …

食器棚

食器棚は大地震が起きたとたんに、中のものが飛び出してきてガラスの凶器に変わってしまいます。上端の両側をL字金具等で壁に固定するなどして、動かないようにしっかりと固定しましょう。 また、重いものは下に収納して重心を下げ、棚 …

冷蔵庫

冷蔵庫は倒れにくい印象がありますが、意外とあっさり倒れてしまうことがあります。料理中に大地震が起こって重たい冷蔵庫に下敷きになってしまうことを避けるためにも万全の地震対策が必要です。 市販の転倒防止ベルトや専用の転倒防止 …