自粛ムードは逆効果、百害あって一利なし

Pocket

※この記事は当サイト管理人の個人的な意見です。

3月11日に起こった東北関東大震災以来、日本全体で自粛ムードが広がっています。

テレビを付けても、民間のCMが流れず、ACジャパンの公共広告ばかり流れます。

インターネット上でも広告出稿を一時停止する広告主が多数あります。

一般の人も外食や外出を控えるなど、日本全体が自粛ムードになっています。

ホテルや旅館ではキャンセルが多く出ているようです。

居酒屋では飲み会のキャンセルが続出しているそうです。

しかし、日本全体で自粛ムードになるのは逆効果です。

日本全国で経済活動を止めてしまうのは「百害あって一利なし」です。

理想は「被災地以外はできる限り経済活動を止めない」です。

日本全国で経済活動を止めてしまうと、後々、地震よりも大きなダメージが生活に出てきます。

外食を控えれば、外食産業で倒産が増えます。

倒産が増えれば、仕事を失う人が増えます。

ただでさえ厳しい新卒採用もさらに厳しくなり、大学を卒業しても仕事がない人が増えます。

仕事を失う人や仕事が見つからない人が増えれば自殺者が増えます。

こういった負のスパイラルが起こるので、地震や放射線の被害が少ない場所にいる人たちはバリバリ仕事して、どんどんお金を使うべきです。

普段よりも仕事を頑張って、普段よりもお金を使うべきです。

地震や放射線が今後落ち着いても、日本はしばらく非常に厳しい状態が続きます。

福島の原発事故の影響で、今後、日本に来る外国人観光客は大幅に減るでしょう。

また、今現在、日本に住んでいる外国人も自国に戻っている人も増えています。

それは、つまり、日本で消費をしてくれる外国人が大幅に減るということです。

ということは、我々日本人が日本での経済活動を今まで以上に頑張らなくてはいけないということです。

ですから、自粛ムードになんかならずに、できる人は今まで通り普通に生活すべきです。

「こんな時に飲み会なんてやらない方がいいかな?」

いやいや、どんどん飲み会やりましょう!そうすれば、潰れる居酒屋が減ります。

「こんな時に旅行なんてしない方がいいかな?」

いやいや、地震の被害が少ない地域ならどんどん旅行しましょう!そうすれば、ホテルや旅館や旅行会社や観光地のお店の倒産が減ります。

海外旅行をする予定の人もできれば国内旅行に変更して欲しいくらいです。消費するなら日本でしましょう。

「こんな時にブランド物のバッグを買うなんて不謹慎かしら・・・?」

いやいや、どんどん買っちゃいましょう!「お金を使う」とは「消費」という行為と同時に、どこかの誰かの「雇用を支える」という行為でもあります。

逆に、「節約」という行為は、どこかの誰かの「雇用を奪う」という側面があります。

「こんな時に、寿司屋で豪勢にお寿司を食べるなんて良くないかな?」

いやいや、どんどんお寿司屋さんに行きましょう。今、保存が効く保存食を買い占める人が増えており、鮮度が高い魚などは市場で余っている状態です。

こんな時だからこそ、鮮度の高いお寿司などを外食すべきです。そうすれば、潰れるお寿司屋さんが減ります。

「こんな時に習い事なんて行っちゃダメかな?」

いやいや、こんな時だからこそ、習い事に今まで通り行きましょう!あなたが休めば、習い事の先生は収入が減ります。

「こんな時に民間企業のCMを流さない方がいいかな?」

いやいや、テレビ局はそろそろ民間企業のCMを流すべきです。

公共広告を流している間は、テレビ局にお金が入ってきません。テレビ局が経営不振でリストラしたら、多くの人が仕事を失います。

また、テレビCMを出せない民間企業の売上も減ります。企業の売上が減れば、そこで働く社員のリストラにつながります。

以上の理由から、自粛ムードになって経済活動を止めてしまうのは逆効果です。「百害あって一利なし」です。

経済活動を止めてしまうと、後々、自分にその波が降りかかっていきます。

津波のように、多くの人の仕事を奪うことにつながります。

ですから、自粛ムードなんてならずに、できる人はできる限り経済活動を止めずに生活すべきです。

できる人は今までよりもガンガン仕事して、どんどん消費すべきです。

それが、地震の被害が大きい東日本の復興を早めることにもつながります。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »