緊急地震速報は適切な発表が困難な状態に

Pocket

気象庁は3月12日午前の記者会見で、東日本や信越地方で連続発生した地震の影響で、緊急地震速報は適切な発表が困難になっていることを明らかにしました。

原因は、11日午後に東日本で起きた大地震の影響で、東北地方を中心に地震の揺れを検知する機器が損傷したため。

さらに、12日に信越地方で地震が起こったことで、東北地方と信越地方の観測データが混在して処理され、震源地決定のプログラムが適切に働いていないという。

深夜4時頃に携帯電話に聞いたこともないアラーム音で緊急地震速報のメールが来ました。

テレビを付けるとアナウンサーが「関東地方で数秒後に震度6レベルの地震が来ます」と言っていて、正直、かなりビクビクしましたが、早く適切な緊急地震速報が配信されることを祈るばかりです。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »