東京電力、14日から地域ごとに順番に送電を止める「輪番停電」を実施

Pocket

菅直人首相が13日夜の記者会見で、東京電力が14日から地域ごとに順番に送電を止める「輪番停電」を実施すると発表しました。

輪番停電(りんばんていでん)とは、電力需要に対して供給能力が下回る場合に、電力会社が一定区域への供給を順番に止める措置のことです。別名「計画停電」とも言います。

電力の供給能力が不足したままでは周波数が不安定になり、全域が大規模停電に陥る恐れがあるため、事前に需要を減らして電力の安定供給を優先させる措置です。

今回の輪番停電(計画停電)は家庭、工場、オフィスなどすべての契約者が対象。

東京電力の場合、全契約者を五つの供給区域に分け、日中の3時間、順番に停電させるということ。

14日(月)から会社は通常の経済活動に入ります。つまり、多くの電力が必要とされる生活に戻ります。

国民1人1人が節電をこころがけるだけで、「塵も積もれば山となる」で大きな電力節約につながります。

ここ1ヶ月は常に節電を心掛けたいものです。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »