エレベーターの中では

Pocket

地震の避難では、エレベーターを使わずに階段を使うことが鉄則です。

運悪く、エレベーターに乗っている時に地震が起きて閉じこめられてしまった時は、以下の項目に注意して下さい。

・立っていると体力が消耗するので、まずはしゃがみこむ。

・体力の消耗を避けるため、大声だして助けを求めず、乗り合わせた人で交代に扉を叩く。

・携帯で外部の人間に連絡をとる。電池の消耗をさけるため、乗り合わせた人で交代に電話をする。電話がつながらない場合は、メールを試してみる。

・トイレはスーパーの買い物袋などを使って、口をしばって一カ所に置く。

・すぐに救助がくるとは限らないので、持久戦になる可能性を受け入れる。

・エレベーターは危険防止のため中から開かないようになっているので、無理矢理こじ開けようとしても体力を消耗するだけ。また、エレベーターは構造上、落ちる可能性はほとんどない。

管理人の一言
少しでも揺れを感じて地震だと思ったら、各階のボタンをすべて押し、エレベーターが停止した階で下りて、階段を使って避難しましょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »