雪山では

Pocket

雪山では、地震発生とほぼ同時に雪崩が発生すると考える必要があります。

震度3程度の揺れでも雪崩が発生することがあるので、注意が必要です。

雪崩が発生しやすいのは、傾斜角25度以上の斜面なので、揺れを感じたら斜面の緩いところに避難しましょう。

管理人の一言
表層雪崩(積雪表面の一部が滑落)が時速100〜200km、全層雪崩(地面から積雪全てが滑落)が時速40〜80kmの速度になります。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »