自動車運転中では

Pocket

一般道を走っている場合は、急ブレーキはかけずに、徐々にスピードを落として車を道路の左側に停車しましょう。それから、ラジオなどで情報収集をして下さい。

高速道路を走っている場合は、揺れが増幅されハンドルがとられる可能性があるので、しっかりとハンドルを握り、後続の車に注意しながら減速し、道路の左側に寄せて停車しましょう。

阪神大震災の時のように、橋脚が倒壊する可能性があるので、非常用階段から避難することも想定しましょう。高速道路の非常用階段や非常出口は通常500メートルから1キロメートルおきにあります。

避難する場合は、エンジンを切って窓を閉めドアロックはせずに、キーをつけたままにしましょう。

管理人の一言
ロックをしたまま自動車を路上に乗り捨てると、救急車や消防車などの通行の邪魔になり、救助活動の妨げになります。

キーを車内に付けっぱなしで避難することには抵抗があるかもしれませんが、公共のためには仕方ありません。

また、日時・氏名・連絡先などを書いたメモを車内に残しておきましょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »