大地震直後の帰宅までの3種の神器

Pocket

(1)携帯電話
携帯電話は連絡手段として心強い味方です。また、ラジオ付き携帯電話なら、ラジオを通して正確な情報を手に入れることができます。

(2)
最低限の水分は必要です。もし飲み終わっても、途中で給水できる場所があれば水を入れられるので、ペットボトルは捨てないで下さい。

(3)現金
被災直後は、ライフラインや各種施設、機器が破損している可能性が大きいので、クレジットカードやプリペイドカードを始め、銀行のATMなどは使えないと考えて下さい。
当面使えるのは、手元にある現金だけと考えて下さい。現金がなかったら、銀行の窓口で印鑑と通帳があれば引き出すことができます。

管理人の一言
印鑑と通帳がなくても、身元が分かるもの(免許証、パスポートや保険証のコピーなど)で預金者であることを証明できれば、預金の引き下ろしが可能になる場合もありますので、問い合わせてみて下さい。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »