阪神・淡路大震災では

Pocket

阪神・淡路大震災では、建物自体はなんともなくても、多くの家で家具が転倒・落下したせいで、家具の下敷きになったり割れたガラスなどでケガ人が多数でました。

家具が転倒・落下すると、ケガをするだけでなく、倒れた家具が原因で部屋の出入り口や廊下がふさがれ、避難すること自体が困難になります。

日ごろから家具を固定をしたり、配置を考えて地震に備えましょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »