煙と有毒ガスから身を守る

Pocket

火災による死因の大半は煙やガスによる中毒死や窒息死です。燃え上がる炎も当然ですが、その際に発生する煙や有毒ガスにも十分に注意しなければなりません。

煙にまかれてしまったら、あごを床につけるように姿勢を低くして、這って脱出するようにして下さい。

タオルやハンカチなどを持っている場合はそれを濡らし、口と鼻にあてて脱出します。

管理人の一言
床上20センチぐらいには、新鮮な空気が残っていると言われています。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »