デマに惑わされない

Pocket

大地震後は、多かれ少なかれ、被災地はパニック状態になります。

そういう状況では、デマ情報が広まりやすくなります。見知らぬ人同士が情報交換をする中で、まるで伝言ゲームのように、いろいろな色がついた話へと歪曲・誇張されることが多々あります。

危険度の判断を誤ると、命に関わることにもなりますので、情報を精査することも大切です。

管理人の一言
津波や余震について、「○日○時○分に起こります」といった、発生時刻を断定した話も疑うようにしましょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »