避難する時は

Pocket

避難する前にもう一度、ガスの元栓などの火の元を確認し、電気のブレーカーを切り、避難先や安否情報を書いた連絡メモを机の上などに残しましょう。

そして、指定された避難場所・避難所まで、必ず徒歩で避難しましょう。

また、避難時の服装は肌を露出しないように長袖、長ズボンを着用し、へルメットや防災ずきんなどで頭を保護して下さい。両手には、軍手を着用しましょう。

管理人の一言
避難する時に、両手が使えるようにしておくことは非常に大事なことです。荷物はリュックサックに入れて背負うようにしましょう。

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »