放射能医学総合研究所による一般的な放射性物質の除染の方法

Pocket

独立行政法人「放射能医学総合研究所」の公式HPでは、放射性物質の一般的な除染の方法が紹介されています。

以下、公式HPからの引用です。

▽水が利用できる場合

汚染があったとしても、以下の処置でかなりの程度放射性物質を洗い落とすことが出来るはずです。

(1)洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。
(2)布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。

シャワーが利用できる方は以下のことを行ってください。

(1)髪をシャンプーする。
(2)顔を洗う。(石鹸、ボディソープ)
(3)体を洗う。耳の中、爪の間も洗う(石鹸、ボディソープ)。
(4)洋服は洗濯するか、気になるようでしたら捨てるのがよいでしょう。

▽水が利用できない場合

汚染があったとしても、以下の処置である程度の放射性物質をふき取ることができます。ふき取った後は、 汚染が広がることはありません。

(1)洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。
(2)布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。

独立行政法人「放射能医学総合研究所」の公式HP(PCサイト)

ウォーターサーバーで備蓄水する人が増えています »