家族4人なら最低でも24リットルの備蓄水が欲しいところです!

アクアクララで始める備蓄水 »

東日本大震災がきっかけとなりウォーターサーバーの申し込みが殺到しました。

なぜなら、ウォーターサーバーは「備蓄水」になるからです。

大量のお水を保管できるから、断水しても安心というワケです。

一般的に大人1人当たり1日に必要な水の量は3リットルと言われています。

そして、応急給水が始まるまでの目安日数は約3日間とされています。

つまり、3日間で9リットルの水を確保できていれば安心ということです。

家族4人なら3日間で36リットル、節水して1日2リットルに抑えれば24リットルの水を確保していれば最悪のケースは免れることができます。

では、数あるウォーターサーバーからなぜアクアクララが備蓄水に向いているかと言うと、アクアクララは全国にお水を作る工場があるので、災害でお水の製造がストップしてしまっても近隣の工場からお水を支援することができるからです。

つまり、水の配達が止まることがないのです。